「アメリカは介入するな!マドゥーロ大統領支持緊急集会」報告

  • 2019.02.08 Friday
  • 00:39

1月23日にベネズエラの首都カラカスで開かれた反政府集会において、フアン・グアイド国会議長が、突然に自らがベネズエラの大統領だと宣言し、これを米トランプ大統領が即刻承認し、これに続いてコロンビア、ブラジル、アルゼンチンなどリマ・グループと呼ばれる右派諸国が米国に追随し、また、EU諸国もこれに続きました。米トランプ政権は、「あらゆる選択肢がテーブルの上に」と軍事介入をにおわせて恫喝をかけるという事態になっています。ブエノス・アミーゴスは、マドウーロ大統領、ベネズエラ国民を強く支持し、連帯の意志を固めるべく、23日に都内で「アメリカは介入するな!マドウーロ大統領支持緊急集会」を開催しました。以下、集会の報告です。

続きを読む >>