ベネズエラが、国連人権理事会の理事国に選出される

  • 2019.10.19 Saturday
  • 21:49

ベネズエラが10月18日に、自由で独立した国家として国連人権理事会メンバー国に選出されました。

ベネズエラ大使館のツイッターの書き込みを紹介します。

 

 

 

 

動画の翻訳文:

 

Venezuela has been elected to the UN Human Right Council.

ベネズエラが国連人権理事会の理事国に選出されました。

 

The result is a massive success for the government of Nicholas Maduro, as the US attempted to sabotage the vote with its allies.

この結果は、マドゥーロ政府にとって大勝利を意味するものです。米国と同盟国は理事国選出をボイコットしようと企んだのですから。

 

Foreign Minister

アレアサ外相:

Today we have come to inform and celebrate a new victory of the Bolivarian Peace Diplomacy.

We are in front of a victory that needs to be measured during the next days.

But today we describe it as historic

今、私たちはボリバル平和外交の新たな勝利を宣言し、祝うことになりました。

この勝利は、今後評価する必要があるにせよ、まさに歴史的なものと言えます。

Why? Because we are facing a fierce and brutal campaign by the United States.

ベネズエラは米国の苛烈で野蛮なキャンペーンに直面しているのですから。

-----------------------------------------------------------------

The 193 members of the UNGA had to elect two countries of Latin America and the Caribbean.

国連総会の193カ国はラテンアメリカとカリブ海の国から二カ国を理事国に選びました。

 

Brazil receives 153 votes while Venezuela receives 105 votes ahead of Costa Rica with 96 votes.

Costa Rica was sent to the race to prevent Venezuela’s election to the council.

ブラジルが153票、ベネズエラは105票を獲得しました。コスタ・リカはベネズエラが選出されるのを防ごうとしたのですが、獲得した票は96票でした。

 

The election result is considered a major setback for the US and its allies.

 この選挙の結果は米国と同盟国にとっては手痛い敗北であると言えるものです。

 

 

 

 

コメント
コメントする