メキシコ、ベネズエラに石油供給の用意

  • 2020.06.20 Saturday
  • 00:28

メキシコは、ベネズエラから要請があれば、いつでも石油を販売する用意があると、615日、アムロ大統領が宣言しました。

いかなる国も、他国によって圧迫、迫害されることがあってはならない、と同大統領は、米に抗して、ベネズエラを支援するという姿勢を明らかにしています。teleSURの記事を紹介します。

メキシコ、ベネズエラに石油供給の用意

Mexico Willing to Help Venezuela With Oil Upon Request

https://www.telesurenglish.net/news/We-Are-Willing-To-Help-Venezuela-With-Oil-Supplies-AMLO-20200615-0015.html

 

いかなる国も、他国によって圧迫、迫害されることがあってはならない、と述べるアムロ大統領

                         写真:EFE通信/Jose Mendez

June 15, 2020

 

ベネズエラ政府は、米による不法で高圧的な経済制裁を繰り返し糾弾してきている。

 

メキシコは、ベネズエラから要請があれば、いつでも石油を販売する用意があると、615日、アムロ大統領が宣言した。

 

定例の記者会見で、アムロ大統領は、ベネズエラへの石油供給はベネズエラが米の一方的で不法な経済制裁で苦しんでいる状況を考えれば人道上の行為であると強調。「ベネズエラから要請があり、人道的に必要なことであれば、メキシコは、石油を供給販売する用意がある。いかなる国も他国を圧迫することは出来ないのだ」と述べた。

 

ベネズエラ政府は繰り返し米によるベネズエラ国民に対する不法で高圧的な経済制裁を繰り返し糾弾してきている。この米の一方的な制裁行動はベネズエラ国内の石油燃料供給を脅かすものとなっている。

 

経済封鎖は「戦争、野蛮な戦争行為だ。米はベネズエラに一滴でもガソリンを供給するいかなる国に対しても制裁を加えている。」とマドゥーロ大統領は二週間前に(ガソリンを搭載した)イランのタンカーがベネズエラに到着した折りに述べていた。

 

メキシコがベネズエラに石油燃料を供給販売しようとすれば、米政府からの制裁に直面することになるであろう。トランプ政権は他国がマドゥーロ政府に協力するのを妨害するのだから。

 

「メキシコは独立した主権国だ。自ら物事を決定し、他国の政策には干渉しない。それこそが民族自決だ」とアムロ大統領は述べた。

 

つい最近のことだが、イランがガソリンや関連物資を積載した5隻のタンカーを送り込んだ。米の経済封鎖により生じたベネズエラ国内の石油燃料不足を緩和するのが目的であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • キューバ外務省声明:パンデミックは政治的立場の違いを超えた協力の必要性を明らかにする。
    Min-min (04/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM